−10thシングル−


ブログで書いた簡単な歌詞紹介はこちらです。


・蒼の世界
作詞: 作曲:kikyow様 歌:小宮真央様kikyow様


こちら


この空の下、帰る場所はありますか?
みんなに一度問うてみたい
僕にはあるよ 帰るべき場所が
君はまだ 見つけられてないのかな?

平凡だっていいさ そんなの人それぞれ
ここが愛する僕の居場所

何でも出来る夢の世界
子供の僕はここで成長していくよ
僕がもし面白いことでもしたら
君は君らしく笑ってくれますか?


幸せを感じる権利は平等だ
当たり前だけど忘れてる
僕はこの手で 感じているから
小さくて 零れそうでもしっかりと

求め続けていた 幸せになれる場所
ここが憧れだった楽園

何でも叶う魔法の国
大人になってもこの場所を大事にしたい
僕がもし目の前からいなくなっても
君は君らしく笑っているのかな?


背伸びなんかせずに等身大のままで
終わりのないストーリーを紡いでいく


僕らで作る蒼の世界
想いは一つ みんなにとっての理想郷
僕がもし面白いことでもしたら
君は君らしく笑ってくれるかな?

僕がもし目の前からいなくなっても
君は君らしく笑っててください




・永遠dreamer
作詞: 作曲:s_e_beat様 歌:後藤ハルキ様花月唯様


こちら


今日がダメでも明日があるから
ダメなのは諦めてしまうことだよ

苦しい時も辛い時も
この手で叶えたい
夢があるなら
乗り切れるから

ずっと変わらない 胸に秘めたる想い
理想を追い求めて 走り続けるさ
もう誰にも止められない
永遠不変な夢追い人


今日が良かったら明日もいいはず
プラス思考じゃないと夢は追えない

思わず涙を流したり
逃げ出したくなっても
信じていれば
報われるから

ずっと駆け巡る 頭に浮かんだ夢
想い続けて見ては 現実(リアル)にしてきた
もう誰にも止められない
永遠不変な夢追い人


子供だって大人だって関係ないよ
誰だって夢見たっていいんだから……!


ずっと持っていたよ 未来行きへのチケット
ここで使わないなら いつ使えばいい?

ずっと歩みたい 夢見続けていたい
夢って必ず叶う そう信じている
だから追い続けていこう
永遠不変な夢追い人

もう誰にも止められない
永遠不変な夢追い人




・日日是好日
作詞: 作曲:Ricco様 歌:Ricco様

こちら


雨の日も風の日も
二度とは来ない 今日と言う日
雪の日も晴れの日も
同じ一日 なんてないのだから

どんな日も無駄に出来ない日々の重み
他の日と比べるものじゃないから

唯一無二のひと時
全身全霊で 生きていきたい
今日が一番いい日だったと 毎日言えるように
私は生きていきたいな


泣いた日も怒った日も
かけがえのない 今日と言う日
悔いた日も笑った日も
一生に一度 大切な一日

今日は今日 明日は明日の風が吹く
常に新しい日が待っているから

今生きている一瞬を
真っ直ぐにひたむきに 生きていきたい
背伸びしなくてもいいからさ 自分に出来ることを
一生懸命にやろうよ 


唯一無二のひと時
全身全霊で 生きていきたい
今日が一番いい日だったと 毎日言えるように

今生きている一瞬を
真っ直ぐにひたむきに 生きていきたい
背伸びしなくてもいいからさ 自分に出来ることを
一生懸命にやろうよ

そんな風に

私は生きていきたいな



・Single chronicle from the 1st to the 10th
作詞: 作曲:kikyow様 歌:花霄凌様

こちら


君が好き ずっとずっと君が好き
素直に言えたら僕も君も嬉しいよね
待っているから 本音隠して
君に心からのありがとう 感謝の気持ち伝えるよ


僕には君がいる 君には僕がいる
春夏秋冬 それは変わらず ずっと、ずっと、ずっと…… そう思ってた
けれども過去も未来も現在(いま)も 関係ないよう
流れ星のように 儚く 夢は夢のままで…… 消えていく

幸せの青い鳥が ごめんね と呟いて飛んでいく
僕もあの鳥のように きっと飛べるはず
翼 広げ 目指すは 光の射す方へ

飛ばそうか 僕の紙ヒコーキ
うたに想いを乗せて 一緒になって飛んでいく
着地点は 明るい未来
夢を見続け追い求めてく そこに君がいてくれたら……


愛しき人へ Good-bye of the eternity
寂しいけれど 一輪の花 きっと笑顔で 手渡すから
好きだった君から卒業する さよならの季節
夢花火のように 散りゆく 一生の片思い 胸に秘め

これはサヨナラじゃなくて…… 再会 するための準備期間
コンパスが指す未来を 信じて歩む
僕は いつも いつでも 永遠dreamer

日日是好日って言葉
どんな1日でもかけがえのない1日
言葉の意味 心に留めて
毎日がいい日だと誇れる そう言えるよう生きたいな



あの瞬間忘れない 時計が いくつも壊れてしまった
それでも直さなければ 進まないから
14時47分 刻んでいこう

Scenarioは 他の誰でもない
自分で書き進めていかなければならない
蒼の世界 そこにあるのは
歩んできた確かな軌跡が 歌を彩ってくれていた











inserted by FC2 system